育毛剤 おすすめ ランキング 人気 男性 効果

育毛剤のおすすめ/育毛剤おすすめランキング

独自に調査した男性向けの育毛剤おすすめランキングを紹介します。

効果の口コミや成分も合わせて調査しました。

育毛剤を選びきれない方の参考にしてみてください。

1位 イクオス

【画像が入る】

・有効成分数/5種類でNo.1
・全成分数/124類でNo.1
・発毛促進成分「クジン抽出液」配合

育毛成分 センブリエキス
トコフェロール酢酸
発毛促進成分 クジン抽出液
抗炎症成分 塩酸ジフェンヒドラミン
グリチルリチン酸
返金保証 90日
価格 7678円

口コミ1

抜けて広くなったおでこから数本生えてきた。
ひたいの退行に効果が出ている。
嬉しい。もっと生えるまで続ける

引用:アマゾン

口コミ2

少し抜け毛は減ったように感じます。

引用:アマゾン

イクオスの口コミはこちら

2位 チャップアップ

【画像が入る】

・5つの有効成分
・総成分数70種類
・使用感満足度99.1%

育毛成分 センブリエキス
トコフェロール酢酸
パンテノール
発毛促進成分 無し
抗炎症成分 塩酸ジフェンヒドラミン
グリチルリチン酸
返金保証 無期限
価格 6860円

口コミ1

使用して1ヶ月半ほど経つと、強めの癖毛が、だんだんとさらさらな真っ直ぐな髪の毛になってきた気がします。毛量もわずかですが増えてきた気がします。まだ2ヶ月弱なのでしょうがないですが少なくとも変えて良かったと思える商品でした。今後も使っていきたいと思います。

引用:アマゾン

口コミ2

ここ最近、髪にコシがなくなり、ボリューム感もなくなってきて気になりだした為、購入をしてみました。
育毛剤チャップアップを使用してみて、ベタベタ感もなくそして特に臭いも気にならなかったので使いやすかったです。そして、数日経ってみて心なしか髪にコシが出てきたように思えます。
今後も使用し続けたいと思います。

引用:アマゾン

 

チャップアップの口コミはこちら

3位 ポリピュアex

【画像が入る】

・有効成分4つ
・初回からずっと1000円引き
・45日間返金保証付き

育毛成分 センブリエキス
発毛促進成分 ニンジンエキス
抗炎症成分 グリチルリチン酸ジカリウム
返金保証 45日
価格 6800円

口コミ1

禁煙と同時にはじめて約6ヵ月継続中。前に使っていたチャップアップより即効性がある気がする。

引用:amazon

口コミ2

40歳を過ぎ、薄毛が気になり、効果がありそうなので購入しました。
今まで色んな育毛剤を使ってきましたが、べたべたしたり、匂いがきついものが多い中、
こちらの製品は無香料でべたつきなし、刺激も全くなく使い心地良しで、女性でも安心して使えます。
美容師さんに育毛剤と頭皮マッサージは必須と言われたので、マッサージに使用しています。
頭皮が柔らかくなってきた気がします!

引用:amazon

リデン 評判 口コミ 成分 効果 比較 男女兼用

 

→ポリピュアexの口コミはこちら

4位 ブブカ

【画像が入る】

・有効成分数3つ
・4-50代の男性がおすすめする育毛剤1位
・育毛診断士のサポート付き

育毛成分 センブリエキス
発毛促進成分 無し
抗炎症成分 酢酸DL-α-トコフェロール
グリチルリチン酸
返金保証 30日
価格 4980円

口コミ1

30代ですが、生まれつきM字おでこの主人が使ってます。
先端が細くなっているので、直接頭皮に付けやすくて、液だれの心配もないところがいいですね。ピンポイントで必要な部分に付けられるので、無駄に消費しないですし。香りもほとんどないので、使いやすいそうです。

引用:amazon

口コミ2

以前は別の育毛剤を使っていましたが、BUBKAに変えました。

最近はできるだけ歩くことに挑戦しているのですが、髪の悩みがしっかりケアできているお陰か外に出るのが楽しく感じています。

引用:公式サイト

→ブブカの口コミへ

5位 フィンジア

【画像が入る】

・有効成分数2つ
・スカルプマッサージブラシ付属

育毛成分 キャピキシル
発毛促進成分 無し
抗炎症成分 ピディオキシジル
返金保証 30日
価格 9980円

口コミ1

年齢的にも髪質や量が気になっていて、色んな育毛剤を試してきましたが、今のところこれが自分には合っている感じがします。自分は育毛剤とシャンプーを併用しています。育毛剤はべたつきもなく匂いのきつくありません。シャンプーした後も髪にコシが出てきた感じがします。今は2回目のリピート中ですが、これからも継続していきたいと思います。

引用:amazon

口コミ2

4回目の購入になりますが産毛から段々濃くなり額のハゲの後退が止まっています。3回目当たりから効果がはっきりしてきました。是非続けるべきです。
全体的にの髪の毛の伸びが早く散髪に行く間隔が早まっています。

引用:amazon

→フィンジアの口コミへ

6位 ニューモ

 

ニューモの口コミ

7位 プランテルex

 

プランテルexの口コミ

 

育毛剤のおすすめ/育毛剤の人気

育毛剤を比較

市販や通販でおすすめされている育毛剤の成分・価格を比較しました。

髪の毛を一本でも増やしたい場合は、

「人気だから」

「売れ筋だから」

「有名だから」

という理由で選ぶと失敗する可能性が高まります。

 

 

毛髪を作り出す細胞に働きかける成分

髪の毛を作り出している器官は「毛母細胞」と呼ばれる部位です。

この部分が加齢により減少すると正常な毛髪が作り出せなくなります。

したがって当サイトで比較対象にしているのは「毛母細胞」への作用です。

 

注目成分

今回有効成分で注目したのはクジンエキスニンジンエキスです。

これらの成分に注目した理由は、「日本香粧品学会誌」の「育毛薬剤の開発と評価方法」という文献中に上記の具体的な結果について明記されているからです。

クジンエキスのヒト外毛根鞘細胞への増殖促進効果,ヒト毛包器官培養での毛幹伸長促進効果が報告された。

引用:日本香粧品学会誌:育毛薬剤の開発と評価方法

この意味は簡単に言うと髪の毛が伸びる・太さやコシを作る効果があるということです。

 

外毛根鞘細胞の毛母細胞への作用

外毛根鞘というのは髪の毛についている白いゼリー状の部位です。

この外毛根鞘の細胞には髪の毛の製造工場である「毛母細胞」を作るタンパク質を有しています。

外毛根鞘には、CD34 タンパク質を含んだ細胞(CD34 陽性細胞)が存在し、これが毛母細胞のもととなる細胞であることが明らかになってきました。

引用:メナード:加齢により髪が細くなる原因を解明

 

 

クジンエキスには「CD34 陽性細胞」を含む外毛根鞘細胞を増加させる働きがあります。

 

「CD34 陽性細胞」が増えることで「毛母細胞」を増やし、髪の毛を製造する働きを底上げしてくれます。

 

育毛剤を比較したポイント

先の3つの選び方を軸に「特に有効成分数が多いもの」を3つピックアップしました。

 

その結果、有効成分数が多くても育毛剤によって見込める効果を促す成分が違うことがわかりました。

イクオス チャップアップ ポリピュアEX
育毛成分
発毛促進成分
クジンエキス

ニンジンエキス
抗炎症成分
返金保証
お試し価格(税込み) 7678円 6860円 4980円
一本のみの価格
→公式サイトへ →公式サイトへ →公式サイトへ

※△…未配合、○…1種類、◎…2種類以上

 

まとめると、

イクオスは
・「育毛成分」×2種
・「発毛促進成分」×1種
・「炎症を抑える成分」×2種

【今ある髪を育てたい・これから増やしたい方におすすめ】

 

チャップアップは
・「育毛成分」×3種
・「炎症を抑える成分」×2種

【今ある髪を育てたい方におすすめ】

 

プランテルEXは
・「育毛成分」×1種
・「発毛促進成分」×1種
・「炎症を抑える成分」×1種

【平均的に予防・対策したい方におすすめ】

 

というように商品によっておすすめのものが違います。

 

人気だったり売れ筋の商品でも有効成分が違ってきます。

自分が抱く悩みの改善につながる育毛剤をしっかり選ぶのがおすすめです。

育毛剤のおすすめ/育毛剤男性

 

育毛剤のおすすめ/育毛剤の市販

育毛剤の選び方

実感につながる育毛剤を選ぶためには、育毛成分が豊富なものでなければいけません。

髪を育てるために重要な成分が豊富なものを選びましょう。

 

発毛成分が含まれているものであれば髪の本数を増やすこともできます。

髪の本数が増えればボリュームが増えるので伸ばすだけでは得られない「見た目」の改善に繋がります。

 

また、育毛剤は返金保証制度があるものを選ぶと安心です。

育毛剤の効果は頭皮状態や進行状況によって実感できない場合もあります。

その場合かけたお金と時間が無駄になります。

 

効果も感じれずお金を無駄にしたくない場合は市販の育毛剤は選ばないようにしたいですね。

育毛剤のおすすめ/育毛剤の効果

育毛剤の効果は頭皮の清潔を保つ効果、髪の成長を促す効果、髪が抜ける・薄毛原因になるホルモン生成を防ぎ抜け毛を防止する効果、中には発毛を促進させる成分を含む育毛剤もあります。

育毛剤には種々の成分が含まれているのでどの効果を求めてどの育毛剤を選ぶかという「選び方」が効果を左右します。

また発毛剤は育毛剤と比べて副作用の事例が多く、自分に合う育毛剤を選ばないと逆効果になる可能性も高まります。

自分の求める効果をしっかり実感するためには育毛剤の成分をきっちり見極めていきたいところですね。

抜け毛の原因

抜け毛・薄毛の原因は大きく分けて3つに分けられます。

一つは生活習慣によるものです。

生活習慣で抜け毛や薄毛の原因になりやすいのは

・喫煙
・過度のストレス

が挙げられます。

喫煙や過度のストレスは頭皮の毛細血管を収縮させ血流を悪くさせます。

髪の毛を作る働きは正常でも元になる栄養が届かないと髪の毛は正常に育つことはありません。

 

もう一つは外からの刺激や疾患によるものです。

・ヘアスタイル
・カラーリングやパーマの薬剤
・整髪料
・紫外線

毎日付けるヘアスタイル剤やカラー・パーマ剤にはそもそも人体からは分泌されない成分で構成されているため人によってはアレルギー反応を起こして頭皮トラブルを招く可能性があります。

また紫外線は日焼けや頭皮の温度を上げるので蒸れや皮脂づまりなどを引き起こす原因にもなります。

 

そして最後が加齢です。

加齢によって体内の男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れ、男性ホルモンが優位に傾くと抜け毛が進行しやすくなります。

加齢に伴うホルモンバランスの変化は自覚することが難しいので薄毛の原因として認知するこ自体難しく、対策するのが困難です。

気づいた頃には自分で対策することが難しくなってることもしばしば。

医療機関などで治療が必要になるほと水面下で進みやすいのが特徴です。

薄毛と育毛剤の効果

薄毛への効果を望むなら育毛剤はDHT抑制(脱毛予防)効果がある成分を含むものを中心に選ぶのが効果的でしょう。

なぜなら、いくら発毛促進や育毛効果を謳っている育毛剤だとしても過剰に抜けていく髪の毛を止めなければ薄毛を改善したように感じられないからです。

 

DHTとはジヒドロテストステロンと呼ばれるホルモンの一種で誰でも体内で生成される物質です。

しかし生成バランスが崩れると薄毛になりやすくなります。

ジヒドロテストステロンは、髪の元になる毛母細胞へと栄養を送る毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体に取り込まれて、毛母細胞の働きを低下させます。髪の成長サイクルに悪影響を及ぼすシグナルを出し、成長期が短縮されることで、太くて濃い健康な髪が生えにくくなるのです。

引用:AGAスキンクリニック

 

DHTを抑制する働きがあるのは

・t-フラバノン
・エチニルエストラジオール
・フィナステリド

などがあります。

これらを含む育毛剤としては花王のサクセスバイタルチャージやアンファーのスカルプDなどがあります。

薄毛で困っている方の味方になってくれる育毛剤なので選んでみてはいかがでしょうか。

育毛剤とAGA

薄毛とAGAは医学的には同じものとして定義されているので薄毛に効果のある育毛剤を選ぶようにします。

しかし人によって進行はさまざまです。

自身の薄毛の進行が早いか遅いかで育毛剤が効果的なのか、それとも育毛剤を含めたトータルヘアケアが必要なのかが変わってきます。

進行速度が遅い場合は育毛剤に含まれる成分も穏やかなものでよいのでt-フラバノンやサイトプリン、ペンタデカンなどの優しい成分が含まれる育毛剤から始めてみてください。

t-フラバノン→サクセスバイタルチャージ
サイトプリン・ペンタデカン→イノベート®

進行速度が早いと感じた場合は育毛剤を即試すのではなく医師に相談してトータルケア方法をコーディネートしてもらうのをおすすめします。

適している育毛剤はなにか、内服薬の必要性などを相談しましょう。

自己ケアで済ますのではなく専門家にまず相談することです。

育毛剤の効果と期間

育毛剤の効果が現れる期間・実感できるまではだいたい3ヶ月から半年ほどかかるようです。

その理由は、発毛サイクルが関係していると解説されています。

髪の毛は「成長期」「退行期」「休止期」のサイクルで回っています。

これを発毛サイクルといいます。

成長期は生え始めた髪の毛が成長する期間でサイクルの約90%を占め3-5年と言われています。

退行期は発毛能力が衰え抜け落ちる期間で、2-3週間続くとされています。

そして抜け落ちてから新しい毛が生えるまでの期間を休止期といい3ヶ月ほどの期間があると言われています。

この内成長期が短くすぐ退行期に移行してしまうことが抜け毛や薄毛の原因です。

このサイクルを成長化したり、退行期にある毛包(毛が生える部分)から毛が生え始めるまでだいたい3ヶ月と言われています。

個人差はありますが概ねこれくらいの期間がかかると見て良いでしょう。

男性と女性で抜け毛の原因は違う?

男性も女性も抜け毛の原因は同じです。

というのも抜け毛の原因の根本はホルモンバランスの偏りによるものだからです。

体内の男性ホルモンが女性ホルモンより優位に傾けば抜け毛を促すホルモンを分泌するので抜けるという仕組みです。

男性女性関係ありません。

しかし男性はそもそもで女性よりも男性ホルモンが多いため影響を受けやすいです。

女性は男性ホルモンが優位になりやすいライフサイクルに出産があります。

原因は同じでもトリガーになる要因が違うということです。

しかし結局抜け毛を対策するときはホルモンバランスにアプローチしなければいけません。

原因は同じなので抜け毛対策は同じ育毛剤で構いません。

 

育毛剤の使い方

育毛剤のおすすめの使い方を紹介します。

育毛剤は正しい使い方をしてこそ成分が効果を発揮してくれます。

「使うタイミングはいつがベスト?」

「成分を浸透させるにはどうしたらいいの?」

「できるだけ効果的に使って薄毛や抜け毛を改善したい」

こんな方向けにどうすれば無駄なく育毛剤の効果を発揮させることができるのかについて解説していきます。

手順 効果的 使用するタイミング コツ 注意点 いつ付ける 始める時期 シャンプー 風呂上がり youtube 浸透させる 頭皮マッサージ 適量 朝 夜 自然乾燥

育毛剤の使い方/手順

育毛剤の使い方の手順は「①シャンプーする」「②タオルドライ」「③育毛剤を少量ずつ塗布」「④頭皮マッサージを実施」「⑤ドライヤーで乾かす」で行うのがおすすめです。

スプレータイプの場合もタオルドライ後に塗布してあげてください。

トリートメントやヘアオイルは頭皮につかないようにしてあげると育毛剤の効果を高める事ができます。

夜シャンプーする派の人でも朝シャンプーする派の人でも必ず育毛剤はシャンプー後に塗布しましょう。

夜シャンプーするけど朝シャンプーしない人も、必ず2回塗布するようにしてください。

育毛剤の使い方/シャンプー

育毛剤はシャンプーの後に塗るようにするのがおすすめです。

というのも頭皮に皮脂汚れやホコリ・塵などがあると育毛剤の成分がしっかり毛包内に届きません。

人間の頭皮は活動量に応じて毛穴の皮脂腺から皮脂が分泌されます。

皮脂には雑菌の繁殖を抑えたり乾燥を予防する働きがあります。

バリア機能とも言われます。

育毛剤の成分は言ってみれば頭皮にとっては刺激なので外的刺激から守るための皮脂をもって育毛剤をもバリアしてしまいます。

しっかりシャンプーした後であれば皮脂汚れは除去されているので育毛剤の成分が浸透しやすくなります。

いくら良い成分が含まれている育毛剤を選んだところでシャンプーせずに使えば浸透してくれません。

必ずシャンプーした後に育毛剤を使ってくださいね。

育毛剤の使い方は頭皮に直接

育毛剤は髪にふるのではなく頭皮に直接、適量塗布してあげるのがおすすめ。

髪の毛は頭皮から出ている部分は有棘細胞、顆粒細胞、角層細胞と変化して角化して固くなります。

毛包内では常に新しい髪の毛を作り押し出しているので髪の毛が伸びますが、押し出された髪の毛はすでに細胞核を失っているので回復や成長・自己修復することはできません。

なので育毛剤を髪の毛に塗布したところで一切意味がありません。

髪の毛を作っているのは毛包内にある毛母細胞という部分です。

ここに育毛剤の成分を届けるためには頭皮に直接塗布することです。

髪の毛に塗ってしまうと育毛剤に含まれる成分の重さで髪が寝てしまいます。

ボリュームが少なく感じたり、元気がなくなったように感じてしまう場合もあります。

育毛剤は頭皮に直接浸透させるようにつけてあげてくださいね。

育毛剤の使い方/なじませる

育毛剤を頭皮につけてあげたらしっかりなじませるようにマッサージをするのがおすすめです。

育毛剤は水分が多いためとりあえずつけただけでは頭皮が弾いてしまいます。

頭皮に滞留してくれるように指でなじませてあげてください。

マッサージは成分を毛包内になじませるためには効果的です。

マッサージすることによって頭皮の毛細血管の血流が良くなり成分が浸透しやすくなります。

爪などが当たらないように指の腹で包み込むようにマッサージしてあげてください。

よくなじませるためには一度に大量の育毛剤を塗るのではなく頭を数ブロックにわけて塗る回数を複数回、そして量も少量を何回か重ね塗りするようにしてはマッサージを繰り返すと効果的です。

育毛剤の使い方/マッサージ

頻度 手順 タイミング

育毛剤の使い方/コツ

育毛剤の効果を引き出す使い方のコツは、シャンプーもトータルコーディネートすることです。

育毛剤を使うときはいかに成分を毛包内に届けるかを考えるのがおすすめ。

シャンプーは育毛用ではない普通のもので、育毛剤だけ使っても効果がないとは言いません。

しかしさらに育毛剤の力を発揮させるなら洗浄力が強いシャンプーを使い毛穴の汚れをしっかり落としてあげるとより効果的です。

普通のシャンプーなどでは落ちにくい毛穴の皮脂汚れや塵、雑菌などをしっかりおとすことで成分を毛乳頭まで届くようになります。

育毛剤を使う量のコツは一度に適量を出しきらないことです。

垂らさず頭皮に塗布できる量はせいぜい数プッシュです。

特に頭の側面や後頭部の場合は重力の影響で垂れやすいです。

なので数プッシュしてなじませてからさらに数プッシュというように分けてあげるのかコツです。

ドライヤーを使って乾かしてあげてもよいでしょう。

温風は頭皮温度を高めてくれるので血流を良くしてくれます。

その時は垂れてくる育毛剤を押し上げるように下から上に向かって当ててあげるのがコツです。

育毛剤の使い方/注意点

育毛剤の使い方の注意点は複数あります。

まず規定量よりも多く使用しないようにしましょう。

用法用量はパッケージに記載されているとおりに使用しましょう。

基本的なことですが、使えば使うほど効果を実感できるかというとそういう事ではありません。

まずは正しい使い方から始め、自分と育毛剤の相性を確かめるように使ってみましょう。

頭皮に傷などがあるばあいは治ってから使うほうがよいです。

シャンプーするときは必ずしっかり流すようにしてください。

育毛剤を塗るときに余分な成分が付着していたり汚れが残っていたりすると効果を引き出すことができません。

洗い残しや泡が残っていたりすることがないようにしっかりシャンプーしてあげてください。

ドライヤーで髪や頭皮を乾かすときは生乾きにならないようにしっかり乾かしてあげてください。

部分部分で濡れていたり乾かしきれてないなどがないように注意してください。

育毛剤の効果なしな使い方

育毛剤が効果なしで終わってしまう使い方によくあるのが自分の都合で途中で使用を中断してしまうことです。

中途半端に使用するのはおすすめできません。

 

髪の毛は伸びるスピードが遅いため効果を感じるまで時間がかかります。

そして育毛剤を始めてからすぐ太くコシがあるしっかりした髪の毛が必ず生えるというものではありません。

なので1ヶ月や2ヶ月ですぐ実感できるものではないのです。

しかし続けなければ効果を実感することはできません。

「なんとなく効いてない気がする」

「思ってたものと違う」

という思い込みで途中で辞めてしまうことはやめてください。

できれば半年、可能なら1年くらいの長いスパンで体質の変化を促せば薄毛や抜け毛の効果も感じられることでしょう。

育毛剤の副作用

育毛剤を副作用として現れる可能性がある症状は次の通りです。

初期脱毛・かゆみ、かぶれ・痛いなどの頭皮トラブル・吐き気・気分がだるい・発汗や動悸・吐き気・ED・などが挙げられます。

これらは発毛剤によっても引き起こされ、育毛剤よりも発毛剤のほうが副作用のリスクが高いと言われています。

育毛剤によって副作用が出てしまう原因には、成分や肌に合わない・体質に合わないなどのアレルギー反応、免疫力の低下(風邪や持病、体調不良なども含む)が挙げられます。

育毛剤や発毛剤の成分で副作用になりやすいものはミノキシジルやデュタステリド、フィナステリド、エチニルエストラジオールなどが言われています。

肌が弱い方やもともとすぐ頭皮が赤くなる人は注意が必要です。

特にミノキシジルは血管を弛緩させてしまうことから心臓に負担がかかる恐れがあります。

副作用を発生させないためには刺激が少ない成分の育毛剤から徐々に強い成分の育毛剤にあげていくような使い方が望ましいです。

自分の薄毛の進行状況に見合った成分を含む育毛剤を選んでいきたいですね。

発毛剤と育毛剤の違い

育毛剤と発毛剤の効果の違いは明らかです。

発毛剤は医薬品であるため厚生労働省が効果を保証しています。

つまり髪の毛の発毛・育毛に効果があるということです。

例えばミノキシジルという成分は医薬品として配合される成分で、新しい髪の毛を生やすのと成長を促すのに効果が高い成分になっています。

一方育毛剤は医薬部外品であるため法律上新しい髪の毛が生える・抜け毛が止まるなどの効果をうたうことができません。

医薬品である発毛剤は直接的にトラブルに対処できますが、医薬部外品である育毛剤は頭皮の血行を促したり頭皮の清潔を保持したりして間接的に生えやすい環境を整える目的になります。

しかしこれはあくまで現行の法律上の話です。

例えば一部の育毛剤にはミノキシジルと一部同じ働きをするクジンエキスが含まれていることから発毛剤と一部同じ働きを有しているとも言えます。

成分の働きは日進月歩で解明が進んでいるためこのように法律で対処できない場合も多々存在します。

育毛剤と発毛剤は併用していい?

育毛剤と発毛剤の併用はNGです。

というのも医薬品である発毛剤の成分は濃度も働きも強く作用します。

処方された薬と自分が毎日飲んでるサプリメントを同時に使用するようなものです。

また発毛剤の裏には他の育毛剤や軟膏・液剤を含めた外用薬との併用も避けてくださいとの表示書きがあります。

このように育毛剤と発毛剤の併用を禁じている理由には成分同士の相性による副作用や効果の相殺が起きる可能性があるからです。

例えば降圧剤を服用している場合はグレープフルーツを食べるとさらに血圧が下がるため食べられないように、未曾有のトラブルの可能性が高まります。

効果を高めたいからと言って育毛剤と発毛剤を併用するのはやめてくださいね。

育毛剤と発毛剤どっちを使うべき?

育毛剤と発毛剤のどっちを使うべきか悩んだ場合は症状で判断してみてください。

例えば「薄毛や抜け毛が増えたかな?」程度であれば育毛剤から始めたほうがリスクなく始めることができます。

しかし明らかに生え際の後退が進んでいたり、頭頂部がなくなってしまった場合は発毛剤も選択肢に含まります。

症状も気になる程度ではなく抜け毛や薄毛のことだけを考えてしまって心身疲労状態になっているなどの場合は発毛剤というより医師の診断も含めて考える必要があるかもしれません。

これは男性だから強い発毛剤が必要とか女性だから弱い育毛剤からという話ではありません。

症状をしっかり見極めて冷静に育毛剤か発毛剤かを選択してみてください。

 

育毛剤と発毛剤は副作用も違う?

育毛剤と発毛剤は副作用も違います。

一般的に医薬部外品である育毛剤は副作用が起こりにくいです。

というのも医薬部外品はそもそもで髪の毛を生やすほどの成分は含まれていません。

強い成分は含まれていないので一般的に副作用も出にくいのです。

しかし発毛剤は医薬品です。

医薬品というのは処方された薬と同じ分類になります。

医薬品であるため副作用も出やすくなります。

発毛剤の成分として知られているミノキシジルには頭痛やめまい・動悸など育毛剤では起こりにくい副作用があります。

育毛剤 おすすめ ランキング 人気 男性 効果
タイトルとURLをコピーしました